中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

病気のお話し

HOME > 病気のお話し

5. 外科

会陰ヘルニア

会陰ヘルニアってなに?

会陰ヘルニア

ヘルニアとは、本来治まっているはずの臓器が飛び出してくる状態を言います。
したがって会陰ヘルニアは会陰部(肛門の周囲)にある筋肉の隙間から、お腹の中の臓器や脂肪が飛び出る病気です。肛門の横が大きく膨らんで見えることもあれば、正常な状態とあまり変わらないように見えることもあります。


どうしてなるの?

肛門近くで直腸を支えている筋肉が薄くゆるくなってしまう事で起こります。一般的に犬で多く、男性ホルモンが関与していると言われ、去勢手術をしていない中年以降の雄犬での発症がほとんどです。よく吠えるといったことも症状を進行させる要因になります。


症状は?

多くの場合は腸管が飛び出るため、排便時間が長くなったり、しぶるといった症状が現れますが、飛び出ている臓器によって症状は異なり、膀胱や尿道などが飛び出ていれば、排尿困難や尿が出ないといった症状となります。


どうしたらいいの?

直腸検査やレントゲン検査で会陰ヘルニアであると診断されれば、治療が必要になります。
内科治療としては、便を軟らかくする薬を使用したり、食事を変更してみるなどがありますが、根本的に治療するためにはどうしても手術が必要となります。再発の可能性をなるべく減らすため、お腹を開いてヘルニアから出てしまう臓器(直腸、膀胱など)を元の位置に縫い付ける手術も行います。去勢手術をしていなければ、併せて去勢手術も行います。

発症には男性ホルモンが関与しているとされているため、若いうちに去勢手術をすることが予防につながります。排便や排尿の状態をこまめにチェックし、異常があったときは早めに受診してください。もちろん必ずしも会陰ヘルニアというわけではなく、前立腺肥大症などほかの病気でも同じ症状が出ることもあります。また、この病気のほかにも肛門の周りにできる腫瘍(肛門周囲腺腫)や先述の前立腺肥大など、予防できる病気はいろいろありますので、若い年齢での去勢手術をお勧めしています。

目次ページへ戻る

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • 先生に相談
  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード