中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

病気のお話し

HOME > 病気のお話し

6. 腫瘍科

犬の乳腺腫瘍

どうしてなるの?

犬の乳腺腫瘍は、雌犬で一番発生の多い腫瘍です。50%は良性腫瘍、50%は悪性腫瘍(がん)で、さらに悪性腫瘍の50%、つまり全体の25%は早期から転移などが生じ、経過が悪いと報告されています。逆に言えば、乳腺腫瘍の75%は手術で治るのです。

腫瘍の発生と避妊手術との関連性が報告されており、初回の発情出血があるまでに避妊手術をした犬と比べると、避妊手術をしていないもしくは3回以上発情出血のあった犬は明らかに発生率が高くなります。発生は5歳以降に多くなり10歳前後がピークとなりますが、もっと若齢でも、もっと高齢でも発生の可能性はあります。


症状は?

良性でも悪性でも外見はほとんど同じで、乳腺に沿ってシコリができます。

一般的に悪性腫瘍(がん)は大きくなるスピードが速く、皮膚の表面が赤く腫れたり、ただれたりすることがあります。ただし、炎症性乳がん(非常に悪性のガン)はシコリを作らず、乳腺部の皮膚が炎症を起こして赤く腫れたり、むくんだり、ただれたりして、とても痛がることがあります。


どうしたらいいの?

乳腺の周りにシコリを見つけたら、第一に乳腺腫瘍を疑います。

近くのリンパ節や別の臓器への転移がないかを調べるためにレントゲンや超音波の検査をしたり、他の病気や炎症がないかを調べるために血液検査をしたりして、問題がなければ切除手術を行います。乳腺腫瘍は薬で小さくしたりなくしたりすることはできません。また、避妊手術をまだ行っていなければ、同時に行うことになります。

切除した乳腺腫瘍は、専門の検査機関に依頼して病理検査を行い良性か悪性かを鑑別します。

早期発見と外科手術によって、75%の乳腺腫瘍は治療が可能です。全身をよく触って、シコリを見つけたら、すぐにご来院ください。
当院では、定期的な健康診断の血液検査や、ペットドックを行っております。早期発見と早期治療が行えるよう、定期的な健康診断をお勧めします。

目次ページへ戻る

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • 先生に相談
  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード