中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

病気のお話し

HOME > 病気のお話し

6. 腫瘍科

猫の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍って?

会陰ヘルニア

乳腺腫瘍は乳腺にできる腫瘍です。若いうちに避妊手術をしていないメスに良く見られる腫瘍の一つです。80%以上が悪性で、リンパ節や肺への転移も多く見られます。また、肝臓、腎臓、脾臓などへの転移もありえます。若いうちに発生することもありますが、多くは老齢の猫に見られます。まれにオスに発生することもあります。


症状は?

乳腺腫瘍に対して、猫が気にすることはあまりありません。撫でたりブラッシングをしているときに気づいたり、動物病院で指摘されたりすることが多いです。

また、腫瘍がある部分の乳頭が赤く腫れたり、乳汁のような液体がにじみ出たりすることもあります。はじめは数ミリ程度の大きさですが、日が経つにつれ大きくなっていきます。大きくなってくると床や寝床にこすれて出血したり、痛みや違和感から舐めてしまう事もあります。


どうしたらいいの?

外科手術による腫瘍の切除を行います。猫の乳腺腫瘍はほとんどが悪性であるため、再発の危険性を減らす目的として、腫瘍ができた側の乳腺を全て切除することが推奨されます。また、避妊手術が済んでいなければ、同時に行うこともあります。しかし、手術の範囲や程度は、年齢や体調を考慮して検討されるため、必ずこの処置を行えるかどうかは定かではありません。

乳腺腫瘍が小さいうちに発見できれば、手術の危険性も転移の可能性も低いうちに対応できます。しかし、大きくなってしまうと転移の可能性も高まり、手術ができなくなってしまうかもしれません。また、寿命にも影響してきます。


早期に避妊手術を行うことで、悪性の乳腺腫瘍の発生率を抑えられることが知られています。また、乳腺腫瘍ができてしまった場合には、できるだけ小さいうちに治療を行うことが重要です。
お腹側は普段は見えにくいですが、ブラッシングやスキンシップの延長で、こまめに触って確認してあげてください。
ご心配なことがあれば、できるだけ早くご相談ください。

目次ページへ戻る

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • 先生に相談
  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード