中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

病気のお話し

HOME > 病気のお話し

3. 内科

FIV

FIV?猫免疫不全ウイルス?猫エイズ?

FIV

猫免疫不全ウイルスを、略してFIVと呼びます。猫エイズと呼ばれることもあります。猫同士の伝染病で、発症すると免疫の働きが弱まるため、病気に対抗することができず、命を落とします。


感染?発症?免疫?

感染とは、病気を持っていない子が、持っている子から病気をもらってしまうことです。しかし、実際にその病気になるかどうかはわかりません。体の中で持っているだけで、病気にならない可能性もあります。

もらってしまった病気が、体を蝕んで、実際にその病気になってしまうことを、発症と呼びます。したがって、FIVに感染しているものの、病気にはなっていないことをFIV感染症、実際にその病気になってしまってからを、猫エイズになる、と言うことが多いです。

免疫とは、身体が病気に対抗する力のことです。風邪をひいても治る、さらに風邪なんてひかないなど、免疫が強ければ、病気をもらってしまう状況にあっても病気にならなかったり、軽度ですむようになります。

免疫不全症は、病気に対抗する力がたいへん弱くなる病気ですので、健康であれば軽度ですむような弱い病気も、治らなくなってしまうのです。


どうして感染してしまうの?

体の抵抗力がとても弱くなってしまう病気ですので、特別な症状はありません。

初期の症状としては、くしゃみ、下痢、発熱、口内炎など、風邪のような症状が多いと言われています。

ケガが治りにくくなった、膿んでしまうようになった、風邪をひきやすくなった、ひいた風邪が治りにくくなった、など、あらゆる病気に「なりやすい」「重くなる」「治りにくい」体になってしまうのです。

したがって治療も、なってしまった病気を治す、ことを続けるしかありません。


感染してしまったらどうしよう?

感染してしまっても、発症しないで寿命を迎える猫ちゃんも多いようです。感染しているかどうかは、動物病院に相談して、検査を受け、感染していたとしても、少しでも長く元気でいてくれるよう、しっかりと管理してあげることが大切です。

目次ページへ戻る

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • 先生に相談
  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード