中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

病気のお話し

HOME > 病気のお話し

3. 内科

水頭症

水頭症って?

水頭症

水頭症とは、何らかの原因で頭蓋骨内、特に脳に脳脊髄液が過剰に貯留してしまい、頭蓋骨の中の圧力(頭蓋内圧や脳圧と呼ばれます)が上昇してしまう病気です。

その結果、意識レベルの低下、認知機能の低下、てんかん発作、視覚障害、旋回運動などの症状が出ます。


どうしてなってしまうの?

水頭症の原因は、先天的(生まれつき)なものと後天的なものに分かれます。先天的なものは、おそらく遺伝的な奇形によるもので、後天的なものは脳炎や脳腫瘍などの病気になった結果、脳脊髄液の流れが悪くなることが原因です。

小型犬に多く認められますが、中型犬や大型犬でも発生しています。また、稀ではありますが猫にも発生します。先天性の水頭症は生まれつきのものなので、生後直後から異常なのですが、症状がはっきりとわかるようになるのは2~3ヶ月齢以降で、たいていは1歳くらいまでに診断されることが多いです。


症状は?

まずは見た目に大きな頭(特にオデコが出ているような)が特徴的です。また両眼が外を向いている、泉門が開いている(頭頂部や側頭部の骨に穴が開いているのが触れる)ことが多いです。また同腹の兄弟に比べ、体が小さい、成長が遅い、といったことによっても気づかれます。ただしこれらの所見は必ずあるわけではなく、またこれらの所見があるからと言って必ず水頭症というわけでもありません。

他には、常にぼーっとしていたり(意識障害)、目が見えていない様であったり(視覚障害)、ふらついたり(運動失調)、くるくると同じ方向に回り続けたり(旋回運動)、けいれん発作(てんかん発作)が見られることもあります。


どうしたらいいの?

水頭症の治療の基本は手術で、脳脊髄液が溜まってしまっている脳室というところとお腹をチューブでつなげる手術が行われます。しかし、手術をしなくても内服などで生活が維持できる軽度のものから、手術をしても効果が期待できない超重度のものまで様々です。手術ができるかどうかはCTやMRI検査といった精密検査によって判断します。


治療法が手術でも薬でも、早期発見と早期治療が重要です。気になることがあれば、お早めにご相談ください。

目次ページへ戻る

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • お問い合わせ
  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード