中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

病気のお話し

HOME > 病気のお話し

3. 内科

犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)

どうしてなるの?

犬伝染性気管気管支炎は、さまざまなウイルスや細菌の単独もしくは混合感染によって、主に若齢犬に起こる伝染力の強い呼吸器疾患です。

空気を介しての感染、もしくは感染した犬との接触や、感染した犬と接触した他の動物(人間も含みます)との接触などにより感染し、発症します。多くはペットショップやブリーダーから迎え入れたばかりという経歴、もしくは同様の症状を示す犬との接触歴があり、通常は感染1~2週間で発症します。


症状は?

別名「ケンネルコフ」という名前の通り、咳の症状により気づきます。咳は持続性であり、微熱・鼻汁・吐き気が見られることもあります。

多くは元気や食欲はありますが、長期化する場合もあり、また他の病気を併発すると重篤化し、肺炎を引き起こし咳以外の呼吸器症状(荒い呼吸や口を開けた呼吸など)も発生します。

症状や一般状態(元気や食欲)によっては血液検査やレントゲン検査を行うこともあります。


どうしたらいいの?

他の病気の併発もなく軽症の場合は抗生剤の内服のみで治癒することもありますが、症状によっては注射、吸入投薬(ネブライザー)などを使用し、鎮咳薬や気管支拡張薬が必要な場合もあります。重篤化し肺炎を引き起こした場合は、長期的な治療が必要となります。

犬伝染性気管気管支炎は適切な環境の整備で予防することができます。若齢の犬を迎え入れる時や飼育環境を変えるなどの際は十分にご注意ください。
咳などの症状がみられたときは、出来るだけ早くご来院ください。

目次ページへ戻る

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • 先生に相談
  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード